馬越康彦の日記

思いついたときに記事を更新

何が目的なの?

ここはテーラワーダ仏教徒のための個人的な経験・意見の発表の場であると思っていたが、あえて私の過去を清算するために、今日は使わせていただこう。

松浦さん、いやその後ろには西條さん、清水さん、中根さん、久保薗さんなど大勢の人がつながっているらしいので、個人が特定されぬ範囲で名前を使わせていただいたが、あなたたち、何が目的なの?私にどうしろと言うの?こうやってすべて私の行く先を特定し、危害をくわえて何が楽しいのですか?

恨み、つらみについては、30年も過去のことだから、お互いに当時は若くてバカだったのだから、きれいに捨てましょうと呼びかけましたよね?

納得されたのではないですか?では目的はなんなのですか?命といわれても困ります。

まだ捨てられませんから。金といわれても困ります。私にも生活がありますから。

なにが気に入らないのですか?何を訴えているのですか?

私には皆さんの目的が分かりません。私がこうして世の中に染まらず、世の中に飲まれずに、独りで生きている姿がそんなに気に入りませんか?

私に友達が少ないのがそんなに面白いですか?

私も皆さんの暴力に屈し、えへらえへら、ひゃひゃひゃひゃひゃと笑って生きて、上司や悪や酒や女や脅しに屈する者でいてほしかったようですが、それは私の性格でできないのです。強い者に巻かれるということは私が幼稚園の時からできませんでした。でもだからといって私は皆さんに反抗しているのではないですよ。皆さんをバカにしているとか、皆さんに危害をくわえるつもりはまったくありません。そういう人間の住居を奪い、働く場を奪ってそんなに楽しいですか?私はもうすべてを水に流します。それどころではないんです。私は今生で悟りをひらくために残りの人生をかけています。

だから邪魔をしないでください。私の自慰をしている痴態でも見たいのですか?排泄しているのをビデオに収めて世の中に流したいですか?すみませんね。3年は五戒をきれいに守っていたのに、皆さんに攻撃されてちんぽこをいじるようになってしまいました。逆戻りさせられたのです。今日はビールを飲みました。銀行時代の旧友と食事を供にしたので。

私は僧侶ではありませんが、ほぼ僧侶に近い者と思っていました。私がふたたび性欲に苦しみ、酒に苦しみ、堕落していく姿を見たいのですか?もしかしたらそれは可能かもしれません。

愛欲の煩悩はいまだに私の中でくすぶっていますから。

私はもう56歳のただの年寄りですよ。昔と違って腕力もありませんし、血圧が高く、いずれ死んでいくただの年寄りです。

なにを私に期待しているのですか?私がもっと急速に老け込むとか、私の頭が禿げ上がるとか、そういうことを期待しているのですか?それも期待にかなうかもしれません。

私も老化しているんです。変化しないものは何もないのですよ。私が皆さんの老けた姿を見て笑いましたか?私は一切が変化していくこと、我という実体がないこと、一切が不満足=苦であることを知っていますから、皆さんのように、馬越はなぜ老けないのかなどといって、変わらぬ永遠不滅の実体や魂があるなどという世迷い事を信じる立場はすでに乗り越えています。

それもそんなに昔の話ではないのですよ。ここ何年かでスマナサーラ長老とテーラワーダ仏教を知って、はじめて人生には意味がない。解脱するしか苦しみを最終的に終わらせることはできないと確信したのです。

皆さんが嘘だと思うなら、妻をめとって定年まで働いて、子ども産み育てて、そうしたことに不満足であられるなら、日本テーラワーダ仏教協会の門をたたいて下さい。

たくさんの方が本当に苦しみを終わらせようと集っています。

苦しみがなぜ終わらないのか、その答えを知っていらっしゃるアルボムッレ・スマナサーラ長老というスリランカの阿羅漢が、皆さんを導いて下さいますよ。

よければ、私と待ち合わせをして東京のゴータミー精舎へ一緒に訪ねてみますか?皆さんのためにいくらでも力をお貸ししますよ。

私の携帯は 080-1395-3212です。よかったら電話してください。メールアドレスは

umakoshi2003@yahoo.co.jpです。待っていますから連絡ください。

もう私の排泄行為も、裸も、痴態も全部撮っているんでしょ?何が望みなんです?面前で演じれば満足ですか?

そんなことばかりを10年おきに要求されても困ります。皆さんが強いのはわかりました。どこにいっても私には敵だらけで、個人情報は一切守られませんでしたから。皆さんは広域暴力団より強いことを私は知っています。皆さんに手をあげられないから、私はビビっているのでしょうか?私は弱いのでしょうか?それは知りません。何が目的なのですか?皆さんに染まらない私が皆さんになにをしたでしょうか?よく考えてください。染まらないんじゃなくて、染まりたくても染まれないんです。皆さんと一緒にいたほうが、安全で安心なのは知っています。暴力に怯えなくていいし。でも染まれない。そんな自我意識も今はもうないのです。信じてください。これ以上私に要求されても私は皆さんの期待に応えられないかもしれません。私の善友はブッダだけなのです。